読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建行日録

旅先で見た建築と人々の行いを日々記録したもの

シェムリアップ4/18-4/25観光日程と生活まとめ

タイバンコクの後は、アンコールワットで有名なシェムリアップへ行きました。

丁度クメール正月が終わった直後だったので、街には観光客が比較的少ない時期にあたり、ゲストハウスには観光客がほぼいなく、ドミトリーには僕一人ということが三日ほど続きました。笑

 

アンコール遺跡は規模が大きく一日でアンコールワットを含め周辺の遺跡を回ろうとしても到底無理なため、僕は予め72ドルの一週間券〔一ヶ月の間に7日間有効〕を初日に購入しました。3日券は60ドルなので12ドルしか違わないので即決。

 

日程としては、

 

十八日は、アンコールワットとアンコールトム

十九日は、アンコールトムの周辺遺跡とタプローム

二十日は、アンコールワットの朝日観光とロリュオス遺跡郡

二十一日は、プリアカン、東バライ周辺遺跡群

二十二日は、郊外のバンテアスレイとベンメリア遺跡

二十三日は、アンコール国立博物館、プサー・アンコールマーケットなど

二十四日は、アンコールワットとアンコールトムのガイド付き二回目

二十五日は、オールドマーケット、休憩、夜行バスでプノンペンへ移動

 

最初にシェムリアップに着いた時に、日本人ゲストハウス〔ヤマトゲストハウス、シティ〕に宿泊し、旅仲間を作り皆で行けば安くなることを狙い向かったが、最初の5日は見事に一人で大半を回ったため〔23日にゲストハウスに日本人の同世代の仲間ができた〕一日約15-20ドルのトゥクトゥクの出費がありました。笑郊外の遺跡においては一日40ドルを超えたこともあり、貧乏学生バックパッカーにとっては相当痛手でしたが、建築はそれ以上に価値のある遺跡でした。

 

また、宿泊費と食費を削るため格安のゲストハウス一日約5ドル、食費は一日5ドル程度で済ませてました。あとはたまに飲むビール一杯0.5ドル×10?ぐらいもあったり、なかったりしました。笑

 

一人の時は、同じ屋台に通いつめ顔を覚えられ嬉しくなったりしたり、おっちゃんとクメール語で簡単に会話したり、些細な事が毎日新鮮で楽しくてここで沈没してもいいなあと思えるぐらいいい街でした。